INFORMATION

ニュース&ブログ

会社のお知らせとかあまり無いですが…。
ブログは気が向いた時にマーケティングやデザインの話とか日常の話とか、適当に更新しています。

[リスティング広告]設定するキーワードはどう選べば良い?

2018-08-11

この記事は2018-08-11に書いた記事です。
情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

リスティング広告を出す時はキーワードを買うわけですが、キーワードを適当に選んでしまうと効果が出なかったり、余計な広告費がかかったりしてしまいます。この記事では、リスティング広告のキーワードを選ぶ際の、基本的なコツを少し書いていこうと思います。

 

 

Sponsored Link



まずは検索キーワードの種類を理解する。

これはリスティングもそうですが、SEO対策をする時にも大変重要になってきます。

そもそもユーザーが検索という行動を取る時は、必ずその目的があります。その目的、ユーザーの検索意図は大まかに3つに分類できると言われていて、まずはその3つを理解する必要があります。

※名前とか覚える必要はありません。こういうように分類できるという中身を知っていれば充分です。

1、「Doクエリ」Transactinal(取引型)

これは、購入や資料請求、予約といった、何かアクションをすることを目的としたクエリです。具体的に言うと、例えば、

  • 『ジープ 中古 購入』→ジープを中古で買いたい
  • 『スニーカー 通販』→スニーカーをネットで買いたい
  • 『リフォーム 資料』→リフォームしたいので資料がほしい
  • 『銀座 イタリアン 予約』→銀座でイタリアンレストランに行きたい

このように、何らかのアクションをしたい場合に検索されるキーワードはこのようなものになります。ちなみに、この分類のキーワードはとてもコンバージョンしやすいため、リスティングなどでは価格があがる傾向があります。

2、「Knowクエリ」Informational(情報型)

これは、何かのやり方や方法、意味といった、情報を手に入れたい時のクエリになります。

  • 『横浜赤レンガ 歴史』
  • 『ハムスター 飼い方』
  • 『リスティング広告とは?』
  • 『ビリヤード 上達方法』

ユーザーの目的は情報収集なので、このKnowクエリは比較的イメージしやすいかと思います。

特筆すべきは、例えば上の例だと、ただ赤レンガの情報を集めている段階かもしれませんが、興味を持っているのは間違いないので、そのうち行くかもしれません。同様に、ハムスターを飼うための情報をただ集めている段階かもしれないですが、近い将来ハムスターを買うかもしれません。つまり、情報を収集するだけで満足の場合もあれば、その先の”行動”に繋がるかもしれないクエリという見方もできます。

3、「Goクエリ」Navigational(案内型)

これは、既にその商品やサービスを知っていて、例えば公式サイトなどを見たくて検索する場合です。

  • 『Apple』
  • 『コカコーラ』
  • 『コンバース』
  • 『新築そっくりさん』

このように、会社名やブランド名、サービス名、商品名などが多くなります。そして、このGoクエリの場合、ほとんどの場合、公式サイト以外のサイトは目的ではありません。

 

リスティング広告で、すぐ売上をあげたい場合

すぐ売上をあげたい場合は、今すぐ客(顕在客)を集める必要があります。そのためには、Knowクエリではなく、Doクエリをまずは考えます。すぐ行動(購入や資料請求や予約など)を起こしたい時に検索するキーワードなので、この分類のキーワードで検索した人を自分のサイトへ引き込めば、売上につながる可能性がとても高いと言えます。

(キーワード)『ジープ 中古 購入』

(広告文の例)『お客様満足度99%。ご購入はジープ専門店の当社へ。今なら1年保証付き。まずは試乗へお越しください。』

(広告文の例)『この夏はジープで海へ!ジープ専門店。圧倒的な在庫数。最高の一台に巡り会えます。今なら1年保証付き。』

あくまでこれは今即興で作った例ですが、魅力をストレートに具体的に伝える感じが好ましいです。

 

リスティング広告で、見込み客を集めたい目的の場合

まだ、ニーズが顕在化していない、見込み客や潜在客を集めたい時は、Knowクエリを中心に考え、お客さんを集めます。そして集まった顧客を育成することで、売上につなげていきますので、ワンクッション入るイメージですね。

(キーワード)『ハムスター 飼い方』

(広告文の例)『30年以上の飼育実績。ハムスター飼育のコツや注意点をすべてまとめました。メルマガも発行中。』

このように悩みを解消してあげる形です。なるべく、メールアドレスは収集できるくらいの仕組みはほしいですね。

ここで集まったお客さんは、そのうちハムスターを買ってくれるかもしれません。

※下の注意事項の2番を読んでください。これをリスティングに求めるのはちょっと違うかもしれません。

 

注意事項と理解しておきたいこと

1、本来は、広告から誘導するホームページの確認・調整が、絶対必要です。広告のキーワードと広告文によってユーザーを引き込んできても、ユーザーが見たい情報がホームページに載っていなくて、広告と連動していない場合、コンバージョン率は極端に下がってしまいます。なので広告を出す意味がありません。広告とホームページの両方が機能して、はじめて結果に結びつきます。どちらか片方だけではだめです。

2、リスティング広告は、ピンポイントに今すぐ客(顕在客)を取り込むのに適しています。しかし、見込み客や潜在客はまだ買いたいもののイメージがはっきりできていませんから、上のセクションで説明をした「見込み客を集める」時などにリスティングを使うのは実は微妙です。見込み客や潜在客へのアプローチは、基本的にはSEO対策やディスプレイ広告で集める方が良いかと思います。そして、ホームページもオウンドメディアなどの方が好ましいですね。

※『今すぐ客』と『見込み客』と『潜在客』の違い

  • 『今すぐ客』…既に買う事が決定している人。顕在客。
  • 『見込み客』…購入時期が近く、買う可能性の高い人。
  • 『潜在客』…ニーズに気づかせることで見込み客になる可能性のある人。

 

最後に

このように、キーワードの選び方によって、呼び込めるお客さんの質が変わります。ここをうまくコントロールしないと、顧客獲得単価が上がってしまいます。最悪の場合反響が無いなんてこともあります。関連するからと言ってキーワードを買いまくっていると、大変なことになりますので、意識したいところです。

 

本日のひとりごと

完全に夜型になってしまった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社運営サイトのご紹介

Sponsored Link


無料メルマガを購読しませんか?

不定期ですが、メルマガを配信しております。
ブログでは言いにくいお役立ち情報やビジネス情報、またセミナー・勉強会等のご案内も配信しています。

是非お気軽にご登録お願い致します!


 

Gryder Office Media

カテゴリーの一覧

マーケティングについて

主に基本的なことから実践的なことまで、マーケティングに関連する記事の一覧はこちらから。

SEO対策について

いまいち実体を掴みにくいSEO対策の手助けになるような記事の一覧はこちらからご覧ください。

アナリティクスについて

Webサイトのアクセス解析、グーグルアナリティクスの使い方や設定などの事を書いています。

クリエイティブについて

デザインの事や技術的な事など、クリエティブについての記事はこちらからご覧いただけます。


リスティングについて

意外とわかり辛いリスティング広告の考え方や予算のことなどの記事はこちらからご覧ください。

その他

ビジネスのことや心理学に至るまで幅広く、何かの役に立ちそうな内容の記事を書いています。


皆様からのご相談、ご依頼をお待ちしております。

無料相談のお申し込みや、サービス内容についてのご質問、取材など、お気軽にこちらからご連絡ください。
打ち合わせは、東京都(23区、都下)、近県(東京寄り)でしたら問題なくお伺いさせていただきます。

いますぐメールを送る!
ページアップ