INFORMATION

ニュース&ブログ

会社のお知らせとかあまり無いですが…。
ブログは気が向いた時にマーケティングやデザインの話とか日常の話とか、適当に更新しています。

[マーケティング]『良い商品で安い』のに売れない理由

2018-04-03

この記事は2018-04-03に書いた記事です。
情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

良い商品が安い!消費者にとってこんな嬉しいことはありません。

 

その心理を逆手に取って、いざ自社の商品を売る時に金額を下げて売ろうとしても、どういうわけかほとんどの場合「あれ?売れないね。」という状況に陥ります。

経験上、こういう状況に陥ってしまった企業さんを見たのは、1社2社の話ではありません。

 

では、なんで売れないのでしょうか?

 

 

Sponsored Link



売れない理由、原因は何?

その大きな原因の一つに、お客さんが『ほしいと思ってくれていない』からということが言えます。

物を購入する時、ほとんどの人は値段などの事はロジカルに考えません。感情で買う事を決め、その後、金額のことや様々な理由を後付け的にロジカルに考えるんです。感情を動かすことができれば(ほしいと思ってもらえれば)、高くたって買います。極端なこと言えば借金をしてでも買ってくれるんです。

  • 適切な広告活動をして、お客さんにちゃんと伝えます。
  • 御社の商品のすばらしい所、他社が真似できないこと、
  • 御社の商品を手にするお客さんはどんな価値(ベネフィット)を手にするかなど。
  • また、お客さんからみて信用や信頼を落としてしまうようなマイナス要素(会社の体制)も検証します。

 

ところで良い商品って、何ですかね?

良い商品って何ですかね。昔は「こんなすごい技術が使われててすごいテクノロジーだ」ってのが良い商品でした。ピンポイントで商品のみに焦点が合っていました。しかし今は、上記のように全体的な満足度から、さらに精神的な満足度まで与えられるように商売を行う必要があり、お客さんはトータルで判断していく時代かと思います。つまり昔の指標は、今の時代の評価項目の一部分ということになりますね。なのでその一部分だけを追いかけても売れないのは当然のことかもしれません。

 

価格競争はするべきではありません。

ちなみに安売り(薄利多売)という立派なやり方もあるにはあるのですが、これは大手がやることですね。中小企業やベンチャー企業が薄利多売をやる場合は、そもそも最初からそういうコンセプトで会社が動いている時などはあり得ますが、(それでも厳しいコンセプトだと思いますが、)物が売れないからと言って「安易に値段を下げてそれをウリにしよう」ってのは利益も減りますし真似する他社も出てきますし価格競争が始まり、その後は…想像つきますね。

 

値段を下げるってのも、苦渋の決断かと思います。できればやりたくないはずです。その前に私達のようなマーケッターに相談してもらえると、解決することがあるかもしれません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社運営サイトのご紹介

Sponsored Link


無料メルマガを購読しませんか?

不定期ですが、メルマガを配信しております。
ブログでは言いにくいお役立ち情報やビジネス情報、またセミナー・勉強会等のご案内も配信しています。

是非お気軽にご登録お願い致します!


 

Gryder Office Media

カテゴリーの一覧

マーケティングについて

主に基本的なことから実践的なことまで、マーケティングに関連する記事の一覧はこちらから。

SEO対策について

いまいち実体を掴みにくいSEO対策の手助けになるような記事の一覧はこちらからご覧ください。

アナリティクスについて

Webサイトのアクセス解析、グーグルアナリティクスの使い方や設定などの事を書いています。

クリエイティブについて

デザインの事や技術的な事など、クリエティブについての記事はこちらからご覧いただけます。


リスティングについて

意外とわかり辛いリスティング広告の考え方や予算のことなどの記事はこちらからご覧ください。

その他

ビジネスのことや心理学に至るまで幅広く、何かの役に立ちそうな内容の記事を書いています。


皆様からのご相談、ご依頼をお待ちしております。

無料相談のお申し込みや、サービス内容についてのご質問、取材など、お気軽にこちらからご連絡ください。
打ち合わせは、東京都(23区、都下)、近県(東京寄り)でしたら問題なくお伺いさせていただきます。

いますぐメールを送る!
ページアップ