INFORMATION

ニュース&ブログ

会社のお知らせとかあまり無いですが…。
ブログは気が向いた時にマーケティングやデザインの話とか日常の話とか、適当に更新しています。

[クリエイティブ]効果の出るチラシを作る時の考え方

2018-05-13

この記事は2018-05-13に書いた記事です。
情報が古くなっている可能性があるのでご注意ください。

お店や自社の事業、イベントなどをみんなに知らせて集客をしたい!と考える時、チラシなどを作って告知したり、もっと広義で言えばブランディングをしたりなどもありますが、最後はデザイン制作物に落とし込む作業が必要になってきます。

チラシ作るならもちろん『効果の出るチラシを作りたい』ですよね。事業をされている方なら一度は悩んだ事があると思います。そういう時にどう考えて作るかというお話です。

 

※ちなみにこの記事は、「これをやるだけ!誰でも簡単に!」とか、「効果の出るレイアウト法則はこれ!」とかのような、”そっち系”のテクニックや法則、公式とかを書いた記事ではありません。そんなものは世の中に無いので、魔法のようなものを求めている方は、目を覚ましてください^ ^

 

 

では本題いきます。

 

物事って、成功の理由はなかなか見つからないですが、失敗の理由って比較的すぐ見つかったりします。なので、効果の出るチラシではなく、効果の出ないチラシとはどんなものなのか?を考える方が、答えに早く近づきます。

 

【基本】

デザイン制作をする時、必ず、「なぜそれを作る必要があるのか」ということと、商業デザインというものは大雑把に、経営戦略>マーケティング>デザインの順番で落とし込んでくるもの、という理解が必要です。この2つは超基本です。

 

Sponsored Link



●効果の出ないチラシ1:デザイン制作が個別に設計されている。

商品・サービスの雰囲気とあまりにもかけ離れているデザインは論外として、代理店や制作会社などプロにデザイン制作を任せる場合でも、自社の社員が制作をする場合でも、作る人がマーケティングなどの理解の無い場合だと、おそらくとんちんかんなものが出来上がります。

何故かと言うと『株式会社◯◯様のチラシ』という”作品”を作ってしまうからなんです。どうしてそのデザインになるか、アート的な感性から作ってしまうため、アート的に優れたものは出来るかもしれませんが、そのチラシの本来の『集客』などという目的からは、ズレたものが出来上がる可能性が高いです。『かっこいいチラシ(アート的に優れたチラシ)=効果の出るチラシ』ではありません。経営戦略、マーケティング戦略を無視して、デザインが先行してしまったり、デザインを切り離して考えたり…デザイン制作を個別に設計してしまってはダメです。

 

●効果の出ないチラシ2:パクリチラシ。

パクリとは聞こえが悪いですが、良さそうな他社のチラシをたくさん見て参考にしたりすることは良いのですが、あくまで参考程度です。他社は他社です。他社に最適化されたチラシをパクっても、その形が自社に最適化されたものになるとは限りません。なので基本的にパクってもうまくいきません。

そもそも、制作をする段階まできて、パクらないとならない事態というのは、正直マーケティングとかディレクションとかが全く出来ていない状態と言えます。マーケティング(さらにはその前段階の経営戦略)などがしっかりしてれば、そこから落とし込むだけなので、ある程度は、なし崩し的にデザインって決まってくるはずなんです。なので、経営戦略とかマーケティング戦略とかは他社と違うはずなんで、パクれないというのが正解ですね。

 

●効果の出ないチラシ3:自慢ばかりのチラシ。

世界初!こんなテクノロジーが!こんなかっこいいデザインで!こんなスペックで!

一見、商品を良く見せるために有効な説明に見えますが、よく考えると自慢ばかりになってませんか?こういうチラシは、うまくいきません。それは売り手の目線なのです。企業がお客さんに言いたい事と、お客さんが知りたい情報って、ズレることがほとんどです。お客さんのベネフィットを伝える必要があります。

(以前、[マーケティング]『メリット』と『ベネフィット』の違いという記事も書いてるので、ご参考にしてください。)

 

とりあえず、ありがちなミスを3つ書いてみました。

 

【最後に】

チラシを作るテクニック的な部分ではなく、もっと前の企画段階の話ばかりでしたが、効果を出すチラシを作るには、やはりその基本の部分が全てかと思います。テクニックや法則、公式も時には使えますが、基本からしっかり考えていけば本質が見つかるはずです。そのような地道な作業が、自社に最適な、効果の出るチラシを作り出していきます。決して魔法のような方法は無いので、やるべきことはちゃんとやる必要があると思います。

なので、経営戦略やマーケティングの理解など、事業全体を見る力があって、デザイナー(クリエイター)としての感性というものが相乗効果的に表現されていくと、本質的に効果の出るチラシが作れる可能性が高い、、、という、『マーケティング×クリエイティブ』のお話でした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社運営サイトのご紹介

Sponsored Link


無料メルマガを購読しませんか?

不定期ですが、メルマガを配信しております。
ブログでは言いにくいお役立ち情報やビジネス情報、またセミナー・勉強会等のご案内も配信しています。

是非お気軽にご登録お願い致します!


 

Gryder Office Media

カテゴリーの一覧

マーケティングについて

主に基本的なことから実践的なことまで、マーケティングに関連する記事の一覧はこちらから。

SEO対策について

いまいち実体を掴みにくいSEO対策の手助けになるような記事の一覧はこちらからご覧ください。

アナリティクスについて

Webサイトのアクセス解析、グーグルアナリティクスの使い方や設定などの事を書いています。

クリエイティブについて

デザインの事や技術的な事など、クリエティブについての記事はこちらからご覧いただけます。


リスティングについて

意外とわかり辛いリスティング広告の考え方や予算のことなどの記事はこちらからご覧ください。

その他

ビジネスのことや心理学に至るまで幅広く、何かの役に立ちそうな内容の記事を書いています。


皆様からのご相談、ご依頼をお待ちしております。

無料相談のお申し込みや、サービス内容についてのご質問、取材など、お気軽にこちらからご連絡ください。
打ち合わせは、東京都(23区、都下)、近県(東京寄り)でしたら問題なくお伺いさせていただきます。

いますぐメールを送る!
ページアップ